top of page
背景.png
名称未設定 1.png

 おがわ ようへい
川陽平

画像用_国民民主党正式ロゴタイプデータ_20180529-01 (1) (1).png
IMG_1748.jpg
背景.png

小川陽平(34歳)

北海学園大学経営学部
札幌学院大学大学院法学研究科
株式会社TKC 地方自治体事業部

(行政コンサルタント/茨城県の地方自治体を担当)
NPO法人いきたす(教育事業に従事)
株式会社オガワヤ代表取締役(IT、若者支援事業)

​北海道大学公共政策大学院在学中

はじめまして!小川陽平です。

平成2年生まれ、北海道育ちの小川陽平(おがわ ようへい)と申します。

体を動かすのが好きで高校時代は十勝でアイスホッケーをしておりました。​現在妻と子供の3人家族で暮らしています。

24歳の時に就職で一度茨城県で働いていましたが、「やっぱり自分は北海道で頑張りたい!」と思い、3年後に帰ってきました。

戻ってからは札幌の教育NPOで全道の高校生向けの出前授業を行ったり、起業後は大学生向けのコワーキングスペースを運営したり、中小企業の採用支援やITサポートを行ったり、北海道大学の公共政策大学院で勉強したりと自分ができることを増やしながら活動の幅を広げ、多くの方とお会いしてきました。

政治の道を志したのは、生まれ育った北海道をもっと豊かにしたい、
自分の子どもに誇れる北海道を作っていきたいという想いからです。
今までの活動の中、それぞれの立場で強い想いをもって頑張る人たちに出会ってきました。
きっと私が出会っていない人の中にもたくさんいるでしょう。
そういった人たちがより連携し活躍できる社会をつくり、全国そして世界に発信していく。
そうすることで「自分の住んでいる北海道はこんなに素晴らしいんだ」ともっと誇れるようになると心から思っております。
これから人口減少が進み、北海道の産業が人手不足になっていくことが予想されます。
さらには世界情勢の変化による物価高騰、気候変動による災害の甚大化の懸念と、課題は山積みです。


若い力で!というと陳腐ではありますが、新しい発想や技術、知恵と工夫で
これからの北海道を皆さんとともに考えて、対話を重ね、一つ一つ解決していきたいと思います。


希望溢れる北海道の未来をつくっていきましょう!

背景.png

政策

■人づくりこそまちづくり(教育)

子ども達はもちろん、全ての人が学び・挑戦できるまちづくりを目指します。

■次世代に引き継ぐ,持続可能な地域づくり(環境)

SDGsの観点から環境問題・GXの推進に全力で取り組んでまいります。

■自分のまちは自分で守り,つくる(まちづくり)

千歳市の資源を最大限活かし、子育ても福祉も自分たちで住みよいまちを作っていく取り組みを推進します。

DSC07515.JPG

小川陽平を
応援する

bottom of page